<< アムステルダム2泊3日の二人旅 | home | 5歳の誕生日 >>

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

Posted by スポンサードリンク | - -

Menschenkette in Biel

 5月2日月曜日18時から、「Menschenkette」がありました。

私は、「震災の犠牲者への祈りと復興への希望」そして4月9日バザーに対する地域の皆様へのお礼の気持ちを含め参加しました。


このイベントは3月11日震災直後、東日本大震災の犠牲者のため街をろうそくを携えて無言行進したものの第二弾でした。
(前回は私は仕事で不参加のため、詳細はよく知りません。)

今回はまた無言行進し、最後は噴水に献花と日本の歌で終了というものでした。

約30分の出来事でした。

日本の歌を歌ってくれたのは、スイス人で知人のダンサーで、

参加者は約30人。

Bielらしく、たくさんの国籍が集まりました。

前日夜連絡をもらったため、残念ながら、参加した日本人は私と連絡をくれた友人のみでした。


おかげで、新聞、ラジオ、TVと地元のメディアがやってきて、質問を受けました。
(黙っていたけど、ラジオのインタビューは会社の同僚に見つかってしまい、恥ずかしかったです。)

参加していた人たちから、

「今回の震災の悲劇を決して忘れてはならない。時間がたてば、みな忘れていくが、原発も絡んでいるから、スイス人はいかに自分たちが恵まれ、平和ボケしているのか反省しなくてはならない。これからもこのような活動は続けるべきだ。」

というような発言をいただきました。

同じく平和ボケした日本人として耳が痛いけれど、本当にありがたいことだと思います。


くしくも、4月30日が震災犠牲者の四十九日直後だったので、それを知っていたのかを主催者に確認したところ、まったく偶然だったそうです。

また、8月中旬に再度、今度はもっと大々的にやりたいとのことだったので、

「8月中旬は日本ではお盆という行事がある」と伝えたら、とても驚いていました。

「今後、震災復興のためのイベントなどこの団体とBiel近郊在住の日本人とで一緒にできたらいいね。」と話して、この日はお別れしました。



そして、今夜は以下のお知らせが流れてきました。

「Moms to save children from Radiation」
http://www.mscr.jp/

同じく子供を持つ母として、黙っているわけにはいきません。

どうぞ、こちらのサイトをできるだけ多くの方に広めてください。

よろしくお願いいたします。



震災の犠牲者のご冥福をお祈りし、被災者の方々に1日でも早い安心した生活が戻ることを心から願っております。
Posted by cu-v | comments(0) -

スポンサーサイト

Posted by スポンサードリンク | - -
comments









S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< June 2017 >>
RECENT ENTRIES
RECENT COMMENTS
ARCHIVES
RECOMMEND
PROFILE
LINKS
OTHERS