スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

Posted by スポンサードリンク | - -

とうとう今年の目標達成しました!

 お久しぶりでございます。

最後のアップは7月上旬でしたね。

本当にご無沙汰いたしました。


さて、何故音沙汰も無く、沈黙していたかといいますと、


タイトル通り、ある目標達成のため、そちらにしばらく集中していた次第でございます。


実は、スイスで語学以外のディプロマを取得したく、今年5月から学校に通っていたのです。

輸出実務総論。

仕事に直結してることもあり、知識を深められる上、資格も取れることで決めました。

スイスで働く以上、スイスで取得したディプロマは今後役に立てると考えたからです。

でも、所詮「総論」なので、大したことはないですが、私にとってはかなりの頑張りでした。

何しろ、独語能力は他生徒より断然低いので、ついていくだけで大変でした。

土曜日朝8時から午後5時までと言う、超集中コースだったので、帰りはフラフラしました。

皆が1日2時間勉強しなくてはならないところ、私は5時間はやらなくては駄目だろうといわれましたが、子育てとの両立は大変で、なかなか思い通りには行きませんでした。

そうやって夏休みを含めた約5ヶ月をこなしました。

そして、10月1日、3時間の試験(筆記)。

学校がバーゼルだったため、直前週には2回もバーゼルに赴き、クラスメートと一緒に復習にいそしみました。

ベトナム人とペルー人の2人は独語が達者だけど実務が無く、私は実務はあるが独語力が低いということで、お互いが協力し合って何時間も猛勉強しました。

その甲斐あってか、試験では皆で予想したことが問題で何個かでてきたので、ラッキーでした。
クラスメートに感謝です!

でも、試験中に珍しくものすごく緊張したため、途中で急に質問の独語が全然分からなくなってしまい、

「もう駄目だ。辞めて帰っちゃおうか。」

などと投げ出したくなったり。

そのたびに息子の事を思い出し、

「彼に諦めないことを説いてるのに、私が諦めてどうする!」

と、気持ちを持ち直して最後まで遣り通しました。

結局何問かできないまま時間終了。


全然自信なくて、結果が出るまで落ち着きませんでした。

私としたことが、ある夜は夢まで見たり。

相当思い込んでるなと実感しました。


そして、今日やっと結果報告がありました。

とりあえず、Note4(ギリギリ合格ライン)だけれども、

合格です!!

これで、今年最大の目標は達成することができました。


肩の荷がやっと下りました。

クラスメート達と「合格したら徹夜で遊び倒そう」と約束したので、早速企画しようと思います。


さ、これで来年の目標に向けて、明日からまた頑張ります。
Posted by cu-v | comments(6) -

Uhrencup観てきました!

 今夜は今週Grenchenで行われている、「第50回Uhrencup」を観てきました。

対戦カードは、Dortmund VS FCZürich


このことを知ったのは2ヶ月前、地元の新聞に掲載されてたから。

それからはもうどうしても行きたくて、一緒に観戦してくれる友人知人を探しまくり、

遠くはChur、Frankfurt、オランダまで声をかけたけど、誰も都合が付かず。

やっと会社の同僚とその彼氏が同行してくれることになった次第です。


今回の席は4列目。小さなスタジアムだったので、選手がとても近くに観れて嬉しかったです。

初めてスイスのクラブの試合観戦をスタジアムでしました。
(実は、10年前SHで2部リーグを見たけど、あれは草サッカーみたいでひどかったので、数に入れても仕方ないかと。)

しかも、たぶん今夜スタジアムには日本人は私1人だったと思うので、サポーターに「KAGAWA, NIPPON!」とよく声をかけられました。

またしてもカメラを忘れたので、友達が撮ってくれました。私より上手なので、忘れて正解でした。


試合開始。

ペースが遅く、ちんたらした印象でした。

両チームともまだチーム作りの段階だという感じで、全体的にスムーズではなく、

「アマチュアか!」と疑いたくなるくらい、両チームがボールに群がる姿を何度も見てがっくりしました。

香川はやっぱり光ってたけど、なかなかボールが回ってこず、チームメートに呆れてた感じがします。


チューリッヒが先制し、香川のアシストでドルトムントが追いつき、1-1で前半終了。


後半、ドルトは選手全員を交代させ、香川はベンチで試合観戦。

それからはダルい試合展開で、最後ちょっとだけ盛り上がって終了。


スコアも動かず、1-1でした。


はっきり言います、この試合つまらなかった!

ま、"ガラ”だから仕方ないですが、怪我させたくないのはわかりますが、「金返せ!」と叫びたくなりました。(笑)


試合終了後、今夜のMVPが香川と発表。

特に彼へのインタビューは無かったです。


でも、サインをねだる人だかりに混じって、


日本語で「サインください!」と叫んだら、


無言だったけど、サインで答えてくれました。


とても良い記念になりました。


ありがとう、香川選手!

今季も頑張ってください。

今度はまたドイツに観戦に行きたいです!



試合後、ビールを運ぶダンボール紙をカウンターに戻すと2CHFもらえると聞いて、

まだ綺麗なのを集めて、

6CHFももらっちゃいました!


なんて幸せな夜だったでしょう。


ラッキーな夜だったのに、最後オチがありました。

友達の3ドア車に乗ったとき、助手席のシートがものすごい勢いで私の頭を直撃しました。

目に火花が飛び散るほど痛かった。

おかげで、夢から覚めました。(笑)


この大会はまた来年も見に行きたいと思います。

今度日本人選手がいなくても、この大会は面白いと思いました。
(ちなみに、イギリスからはWesthamが来ています。)

また、スイスでサッカー観戦も(とてもスイスらしく)ほのぼのとしてて良いなぁと考え直しました。

ま、カードによるけれどね。
(FCZH VS FCBSは問題多くて危ないから絶対に行きたくないけど。。。)

友達カップルも今夜ではまったらしく、今度はバイヤーンミュンヘンを見に行きたいとか何とか。

一緒に宇佐美を見に行くのも悪くないかなとか勝手に考えたりして。(笑)

これでサッカー友達がまた増えたかも。

それなら嬉しい!
Posted by cu-v | comments(4) -

息子の幼稚園説明会

 水曜日、息子が8月から通う、幼稚園の説明会に行ってきました。

彼の幼稚園は、今通っている保育所の隣にあり、とても便利で、室内も広くて、周りは緑が多く、景色も素晴らしく綺麗な所です。

朝10時半園に到着すると、先生のお出迎えを受け、室内に入りました。

隣が保育所ということもあり、先生も生徒もすでに息子の事を知っていて、皆から名前を呼ばれ大歓迎を受けた息子は、緊張してそれには全く答えられず、ガールフレンドと手をつないで固まっていました。

先生から新入園生11人の名前が呼ばれ、それぞれに年長さんの世話役がつくことになりました。

息子の世話役は、ナント、保育所でも一緒の、悪友LEVIN

母としては、何としてでも避けたいところでしたが、これでLevinがお兄ちゃんになり、アホな喧嘩を息子に吹っかけて来ないことを祈りたいです。
(根は悪い子じゃないんだけどねぇ。。。)

すでに知っている年長さんは多いけれど、新入園生のことは全然知らない息子は、ガールフレンドと一緒で大喜びでした。

でも、残念ですが、彼女は8月からBaselに引っ越してしまいます。
(説明会だけは彼女は特別に入れてもらっていました。)

ちょっと悲しいけれど、幼稚園でまたお互いに新しい友達を作る事でしょう。


ちなみに、ここIpsachでは最近3年間、新入園生のほとんどが男子だそうです。

この小さな村には幼稚園が4箇所もあるのですが、息子の幼稚園には11人中女子はたったの2人しかいません。

小学校でも新1年生には30人中たったの7人しか女の子がいないそうです!

「それじゃあ、先生たちも大変だぁ。」と心の中で思った母です。

でも、この幼稚園には純粋スイス人の子供ばかり集まったらしく、純粋スイス人がいない保育所とはまた違った感じでした。



しばらくすると、生徒たちだけ教室に残り、親は外で説明会を受けました。

たくさんの配布物を頂いたので、これから園が始まるまでにしっかり読んで理解しなくてはなりません。
内容は週1回午後の授業、体操教室、年数回の水泳教室、おやつに甘いもの禁止、などなど。

早速宿題も出されました。

魚の絵のうろこ部分の塗り絵。

うろこは8個あり、園が始まるまで毎週1個ずつ色塗り。


噂では聞いていたけれど、スイスでは親がしっかり宿題とか見てやらないといけないらしい。

私に勤まるだろうか?

親の役割の重要さをだんだん思い知らされるのでしょうか?

不安です。

それよりもっと怖かったのが、ママ友とのお付き合い。

この幼稚園は、この村でも特に大きな家が並ぶ通りの近くにあるため、どうやら特にお金持ちの子供が集まるようです。
(本当のお金持ちはすでに私立に通わせていると思うので、中小金持ちと呼ぶのでしょうか?)

集まってきたお母様たちからはすでに「金持ちオーラ」がバンバンかもし出されていました。

私は彼女たちが何だか怖かったので、彼女らのとっても早いスイスジャーマンは全く理解できないこともあり、輪から外れてしまいました。

何となく、人のうわさ話をしてる雰囲気がかもし出されていたからです。

外人らしいママは私くらいでしたから、話の肴にされるのもちょっと怖いしね。



そのうち、クラスを終えた息子が、通園時の、あの黄色いスダレ(?)を着けてやってきました。

息子ったら、得意な顔して。

早速記念写真を撮りました。

この姿を見たとき、「もう赤ちゃん時代は終わったのね!」と、とても感慨深く、感動しました!!


ちなみに、今朝息子に「今日は幼稚園に行くの?」と訊かれました。

彼なりに相当楽しみにしているようです。


幼稚園まで丁度、後8週間。

それまでの時間を一緒に大いに楽しみ、彼が問題なく入園できるよう、母としてやれることをやろうと考えています。

8月から私の働く曜日も変更になるので、慣れるまでしばらくお互い大変だけど、一緒に頑張ろうと思います。
Posted by cu-v | comments(0) -

5歳の誕生日

 本日、息子が5歳になりました。


昨日は仕事を休んで、電車で片道2時間かけて、彼の生まれた場所、Winterthurに行ってきました。

生まれた病院を訪ねに行ったわけではなく(笑)、FamExpo2011というのに行きました。

何かといえば、Family Messeなのです。

そこでは、家族、特に子供が楽しめる催し、おもちゃの試用、子供関連商品企業の出店などがありました。

息子は、あらゆるおもちゃを試し、アトラクションに挑戦しまくりました。

母は、たくさんのサンプル、割引券をもらいまくり、帰りはカバンがパンパンになってしまいました。(爆)


相変わらず、フェイスペント嫌いな息子でしたが、初めてロッククライミングに挑戦し、高いところまでスイスイ上がっていきました。

あまりにたやすく登る息子に母は大喜びすると同時に、彼の筋力&体力に大いに驚きました。

それから、彼の大得意で、スイスでも人気急上昇中のベイブレードを他の子に教えてやったり、

キッズショーでは、地元の子達に混ざって大声援を送っていました。
(ちなみに、やっぱりチューリッヒドイチュじゃなく、ベルナードイチュでした。笑)

また、Fujifilmの無料フォトショットで記念写真を撮って、写真館に行かないで簡単に済んだことに喜んだ母でした。(爆)


そして、今はSt.Gallenに住んでいる、幼馴染のErikとViktorと合流し、2人とは1年以上会っていないのに、まるでいつも遊んでいるかのごとく、意気投合しておりました。

母もスイスで一番仲良い友達の1人との再会をWinterthurでできたことがとても嬉しかったです。


帰りの電車は直通でBielまでだったので、息子は約2時間爆睡でした。

昨日のお出かけは相当楽しかったようです。


先週はガールフレンドのYasminとの合同誕生会で15人も集まってくれ、あちこちから誕生日プレゼントを贈られ、保育所ではチョコレートケーキで皆に祝ってもらいました。

今年の誕生日は本当にたくさんの人から祝福された息子です。


生まれてから5年。

あっという間に時間が過ぎました。

身長も115cmくらいまでになりました。体重は量ってませんが、筋肉で相当重いです。

何でも自分でできるようになりました。

友達もたくさんできました。

小さな子にもやさしくできるようになりました。(最初の30分くらい)

ジョークが好きで、歌が好き、ダンスも大好きな息子。

ずいぶん長く一人遊びを集中してできるようになりました。(あんまりにも集中するので、ときどき母の存在を全く忘れてしまっているようです。)

運動も大得意で、やっと補助輪なし自転車の練習も始めました。

言葉もベルナードイチュの習得の早さに目を見張り、私の解らない仏語単語がバンバン飛び出してきます。

日本語のひらがなカタカナはまだ難しすぎるけど、アルファベットなら少しずつかけるようになりました。


母は毎日どんどん成長していくそんな息子をほほえましく思いながら、でも、なかなか言うことを聞かない彼にキリキリしまくる毎日です。

それでも、彼への愛情は変わらず、生まれてきてくれたことに感謝し、一生懸命彼を大切に育て、これからも一緒に成長して行きたいと思います。

息子よ、生まれてきてくれて本当にありがとう。
Posted by cu-v | comments(1) -

Menschenkette in Biel

 5月2日月曜日18時から、「Menschenkette」がありました。

私は、「震災の犠牲者への祈りと復興への希望」そして4月9日バザーに対する地域の皆様へのお礼の気持ちを含め参加しました。


このイベントは3月11日震災直後、東日本大震災の犠牲者のため街をろうそくを携えて無言行進したものの第二弾でした。
(前回は私は仕事で不参加のため、詳細はよく知りません。)

今回はまた無言行進し、最後は噴水に献花と日本の歌で終了というものでした。

約30分の出来事でした。

日本の歌を歌ってくれたのは、スイス人で知人のダンサーで、

参加者は約30人。

Bielらしく、たくさんの国籍が集まりました。

前日夜連絡をもらったため、残念ながら、参加した日本人は私と連絡をくれた友人のみでした。


おかげで、新聞、ラジオ、TVと地元のメディアがやってきて、質問を受けました。
(黙っていたけど、ラジオのインタビューは会社の同僚に見つかってしまい、恥ずかしかったです。)

参加していた人たちから、

「今回の震災の悲劇を決して忘れてはならない。時間がたてば、みな忘れていくが、原発も絡んでいるから、スイス人はいかに自分たちが恵まれ、平和ボケしているのか反省しなくてはならない。これからもこのような活動は続けるべきだ。」

というような発言をいただきました。

同じく平和ボケした日本人として耳が痛いけれど、本当にありがたいことだと思います。


くしくも、4月30日が震災犠牲者の四十九日直後だったので、それを知っていたのかを主催者に確認したところ、まったく偶然だったそうです。

また、8月中旬に再度、今度はもっと大々的にやりたいとのことだったので、

「8月中旬は日本ではお盆という行事がある」と伝えたら、とても驚いていました。

「今後、震災復興のためのイベントなどこの団体とBiel近郊在住の日本人とで一緒にできたらいいね。」と話して、この日はお別れしました。



そして、今夜は以下のお知らせが流れてきました。

「Moms to save children from Radiation」
http://www.mscr.jp/

同じく子供を持つ母として、黙っているわけにはいきません。

どうぞ、こちらのサイトをできるだけ多くの方に広めてください。

よろしくお願いいたします。



震災の犠牲者のご冥福をお祈りし、被災者の方々に1日でも早い安心した生活が戻ることを心から願っております。
Posted by cu-v | comments(0) -
S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< December 2017 >>
RECENT ENTRIES
RECENT COMMENTS
ARCHIVES
RECOMMEND
PROFILE
LINKS
OTHERS