スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

Posted by スポンサードリンク | - -

アムステルダム2泊3日の二人旅

4月13日アムステルダムに2泊3日の旅に息子と出掛けました。

目的は、

震災チャリティー試合 アヤックスVS清水エスパルス

の観戦。

自称「生涯清水エスパルスサポーター」の私はその10日前にこの試合のことをニュースで知りました。

当初私は在蘭日本人をうらやましがっていました。

ところが、Twitterにこのことをつぶやいたら、同じくサポーターである友人が「行くんだよね?」と訊いてきました。

おかげで、自分はオランダからそんなに距離のない場所に住んでいることをすっかり忘れていたことに気づいたのです。

そこからは、「どうしても行かなければ!」と必死になりました。

が、チケット情報がどこにも見つからず、焦る。

思わず、mixiのエスパルスコミュに書き込みしたところ、

あるサポーターが直接連絡してくれ、いろいろと情報を提供してくれ、とんとん拍子に実現に至ったのであります。

こんなチャンスは二度とないと思い、息子も連れて行くことにしました。

「まだ幼すぎる」という家族の反対を押し切り、渡蘭。

英語が通じる国オランダでは思った以上に言葉の問題はなく、観光地だけあって全てがスムーズに行きました。

スタジアムもダウンタウンから地下鉄で15分のところにありました。

試合はアヤックスサポーターで埋め尽くされ、私たちエスパルスサポーターは肩身の狭い思いをしましたが、野次も飛ばさず共存してくれたオランダ人の懐の深さに感謝です。





試合中、日本からやってきたサポーターさんたちに親切にしてもらい、

若いオランダ人女の子と一緒にサンバで応援し

息子にエスパルス応援をせがまれたオランダ人からポップコーンをいただき、

在蘭の日本人家族(ご主人はオランダ人)と出会い、息子は同じくミックスのお兄ちゃんと一緒に応援し、

試合後アヤックスサポーターに息子は肩車され写真撮影し、

千羽鶴を持参したオランダ人と私も一緒に応援しました。

帰りも怖い思いせず、無事ホテル到着。

速攻爆睡。

試合は4−0で大敗しましたが、良い思い出になりました。

力の差がありすぎたし、何しろ強行スケジュールの中選手たちはよく頑張ったと思います。

(親善試合だから、アヤックスもちょっと手加減してくれてもと思ったのは私だけでしょうか?)

とにかく、収益金は約7億円と大盛況だったとのことです。

また、この試合の経験はエスパルスにとっても大きな収穫になったと思います。

普段から地味なチームなので、新聞の扱いもやっぱり地味であんまり話題にならなかったのは残念でした。


翌日は1日市内観光。

子連れで、しかも曇りで寒かったので、無理はしませんでした。

国立図書館を訪れ、国立科学博物館で遊び、ダウンタウンを散策し、フェリーで運河観光。



ところが、無理しなかったのに、息子が科学博物館で水遊びをし、ビショビショになったため、急遽新しい靴を買うというハプニングと散財がありました。

安いところを知らないので、結局高い靴を買う羽目に。。。

また、息子が調子に乗りすぎて、トラム線路に飛び出したりと危ない思いしセックスショップに入りたがって困ったりもしました。

でも、あちこち引っ張りまわしたけれど、息子は泣き言1つ言わず、俄然元気で、楽しく過ごせたみたいです。

私の荷物運びを手伝ってくれたりして、頼もしくもありました。

その力持ちぶりに道行く人の笑顔を誘っていました。

無理しなかったのに、何故か疲労困憊の母。もう若くないことを痛感しました。


今回の旅行で残念だったのが、ホテルです。

どうせ寝るだけと私がケチったせいで、快適には程遠いホテルに泊まってしまいました。

小さい頃から高級ホテルに泊まり快適な旅行をするよりも、ちょっと不便で苦労する旅の方が彼にも良い経験になると思って決めたホテル。

でも、母があの不快さに辟易しました。すっかりスイス標準に慣れてしまったのか。。。

これからも息子と貧乏旅行もしたいので、今回のホテルは自分にも良い勉強になりました。

そんな母の気持ちを全然知らない息子は不便さも結構楽しんでいましたが。

こんな母と一緒なので、彼はすっかり臨機応変さを身につけたのかもしれません。。。


スイスに帰ってきて、スイスで2番目に大きい待ちBasel駅に到着したとき、

思わず、

スイスって人が少ない!こののんびり感は何?

と驚いてしまいました。

やっぱりアムステルダムは大都会でした!

久しぶりの都会は嬉しかった。でも、のんびりスイスに和んでる自分に驚いた。


余談ですが、アムステルダム中心部と空港の間に、風力発電塔がたくさんありました。その横に小さい原発1つもありました。

とても不思議な光景でした。



日本帰国以外では、初めての息子と二人旅。

てんやわんやだったけど、楽しい旅行でした。

息子の成長を見ることも出来た貴重な旅行だったと思います。

これでお互い自信がついたと思うので、これから息子にはいろいろな所に付き合ってもらいたいと思います。(笑)

Posted by cu-v | comments(0) -

ドイツ語試験合格!

 しばらくブログをサボっていた理由の1つはドイツ語検定の試験勉強のためでした。

典型的な「短気集中型」の私は1月末受験を決意し、3月の試験に挑むことにしました。

在瑞9年になろうとしているのに、未だにまともなドイツ語が話せない自分に飽き飽きしたので、思い切って試験にトライ。

レベルは身の丈にあった中級を選びました。

いきなり高望みしてもねぇ。。。


試験前の1ヵ月半は、学校の宿題のほか、過去問問題集を買って、週末はカフェで数時間お勉強生活。

語学交換パートナーのSonjaには悪いが、日本語授業はお預けにし、ドイツ語オンリーにしてもらい、

会社の同僚には手紙テスト用模擬テストの添削をしてもらいました。

本当にたくさんの人に助けてもらい、いざ出陣!


日程は

3月11日文法&聞き取りテスト

12日口頭テスト

でした。


11日は試験後、「東日本大震災」の知らせを受けました。

皆が私のことを心配し、連絡しないでいてくれたとの事。

感謝です。


大震災の報道を次々に見聞きし、帰宅難民になってしまった千葉の弟のことも心配になり、

12日の口頭テストはいつもの半分の力も出せず、しどろもどろでした。

ちょっと落ち込みましたが、普通じゃない状況の中でやるだけのことはやりきったと思い、結果が来るまでテストのことは忘れることにしました。


そして、4月15日アムステルダム旅行から帰国した私を待っていたのは、


Goethe-Zerfitikat Deutschの合格証!!

全く私は典型的な日本人だなぁと実感しました。

ナント、文法と長文読解は満点!

でも、聞き取りはあまり良くなく、

手紙も時間ギリギリで慌てたのが響いたのか、期待ハズレな得点、

やっぱり口頭はかなり悪く、あと1点悪ければ不合格なギリギリ合格スコア。

(ちなみに、このテストは各部門で平均点以上を取らないと不合格になります。)


ま、どんな結果だろうと、合格は合格!!


合格証なるものをはじめて見た息子も大喜びしてくれました。

これで終わりじゃなく、これからも精進あるのみ!


でも、いつか仏語も始めなくては。

あの発音が未だに苦手な私。何とか克服したいものだが。。。
Posted by cu-v | comments(6) -

スイス人の想い、被災地に届け!

 ご無沙汰しております。

この3ヶ月ほど、いろいろと忙しくブログをサボっていました。

その間、日本では「東日本大震災」があり、2万人以上の死亡者と行方不明者を出し、被災地では今も避難所で不便な生活を強いられているたくさんの方がいらっしゃいます。

亡くなられた方々のご冥福を心からお祈り申し上げます。


この1ヶ月以上、母国の惨事の報道を見聞きし、心を痛めておりました。

スイスの多くの友人知人が真っ先に連絡をくれ、私の心も癒されました。

でも、「自分のできることは何か」を問い続けてきました。

手始めに、自分の会社で募金を募ったところ、3日間で結構な金額集まりました。

それでは、もっと大きなことはできないかと模索していましたが、3月末のBasel Worldの仕事の忙しさにかまけ、なかなか実行に移せませんでした。


でも、もう一人の発起人の「行動力」とスイス人友人の「支え」で、

震災から約1ヶ月、4月9日Biel市内でようやく募金販売活動にこぎつけました!

当日は町の中心部で朝9時から夕方17時まで、クッキーとポストカード、折鶴のモビールを販売しました。

3月26日のBiel市内で募金活動でも高額集まりましたが、今回も結構な額になりました。

2回分の金額を合わせると、相当額に達し、スイス国民の震災に対する想いがいかに大きいか知ることが出来ました。

会社の同僚たちが友達や家族も連れてきてくれたりしました。

「近所に日本人の友達がいるから」と、一家族で1220CHF(約10万円)もの募金をいただきました。

興味もなさそうな若い子達が、熱心に新聞掲示板を読んで、募金してくださったりもいました。

本当に、本当にありがたいことです。

集まったお金はすでに日本大使館を通じ、日本赤十字に送られました。









また今回は店頭販売16人、クッキー参加6人、計22人が関ってくれました。

丁寧な店頭販売活動をしてくださった皆様、

工夫を凝らしたチームクッキーの皆様、

完売した芸術的な折鶴モービルを作り上げたアーティスト様、

日本の曲を演奏披露してくださったミュージシャンご一家様、

お寿司の差し入れをしてくれた料理人様、

手作りの販売テーブルと新聞掲載用額を作ってくれた玄人様、

私の実父の習字カードを無料で大量印刷してくれた友人の義父様、

書類関係などでも手助けしてくれた語学堪能なスイス人の友人、

そんな彼らを支えた家族の皆様、

本当にたくさんの人がいろいろな形で関ってくださいました。

関ってくださった方々にお礼を述べたいと思います。


また、前回の反省を踏まえ、当日予想されるであろう質問集を作ったにも関らず、原発についての質問すら受けることもなく、全てがスムーズに行きました。

それは母国の復興のため、参加者が協力し合い、"1つ"になったからだと考えております。

終日和やかなムードで活動を終えたれたことに心から感謝しております。



またこの震災には長期的な援助が必要だと考えています。

今回で終わりとせず、またこのような企画を立てる機会があればと考えております。

とりあえず現段階では、Biel市のBioショップに習字カードと募金箱の設置をお願いし、許可が下りたので早急に店頭に置く予定でおります。

引き続き、一時的ではなく、このような関り方をしていきたいと思っております。


被災地へスイス人の想いが届くことを祈っています。

そして、1日でも早く被災者の方々が安心した生活を取り戻せることを心より願っております。
Posted by cu-v | comments(2) -

サッカー日本代表アジア杯優勝とインフルエンザ

 日本代表、優勝おめでとう!感動をありがとう!!

ザック監督の「日本国民の皆さん、こんなすばらしい代表を誇りに思ってください。」って言葉に感動した。

その通りだ!!

感情が高ぶった中で、こんなステキな言葉を言える監督が好きになった。

結果オーライ。当人たちが反省点、修正点をわかってるんだから、それで良し。

今は優勝の余韻に浸るべし。

そして、新たな戦いに気持ちを切り替えるんだ!



昨日の試合は本当にすごかった。

日本が先にゴールマウスをこじ開けるだろうと信じてたし、そうなるだろうと予感してた。

負ける気がしなかった。

でも、長い長い時間がかかったね。

日本は日韓戦と比べたら試合開始から体が重い感じがした。

やっぱり香川の不在が痛手だったと印象を受けた。怖さが足りなかった。

後半から気力が上がった感アップし、延長戦は不思議だけど気力体力を盛り返したような印象を受けた。

監督の采配がはまったのは事実だけど、選手の粘り強さが最後オーストラリアに勝ったのかと。

私が見ていたEUROSPORTS2Franceは何度も「これぞ、サムライブルーだ!」って賞賛してた。

私もホント、そう思った。


でも正直、オーストラリアの方が上手だったと思った。

オーストラリアはとにかくゴールマウスにことごとく嫌われてたね。

そして、もちろん鬼の形相守護神川島がいたからね。

彼のことも番組では「これぞ、侍!信じられないファインプレーの連続。今日のMVPは彼だ。」と大絶賛だった。


試合後、負傷離脱した選手たちのユニフォームを着た彼らの思いやりには涙が出た。
早く怪我を治して、また前線で活躍してください!


それにしても、また審判のレベル低かったなぁ。

どこの新聞でもまだ取り上げてないけど、私が見ていたEUROSPORTS2Franceでは3度のジャッジミスを何回か再生してくれた。

前半、オーストラリアゴール前でハンド2回を取らなかったこと。
後半、オーストラリアのゴールを吉田がセーブしたけど、その時右足がゴールラインを割ってたこと。

ホント、あれはひどかったが、日本はラッキーだったとも言える。(嬉)

ま、過ぎたことなので、敢えてコメントしないのかな。


それから、カタール王様ってば、選手にトロフィあげるの「飽きちゃった」感あったと思うわ。

審判団とオーストラリアチームの半分まではやる気あった様子だけど、

日本が始まると段々言葉かけが短くなってた。目もほとんどあわせてなかったし。

日本がカタールに勝ったからかな???(笑)

ザック監督には結構話しかけてたけどね。監督ってば英語話してたのかなぁ?(笑)

王様なのにあんまり歯並びよくなくて驚いた私。


と、そんな細かいことは置いといて。


いや〜、昨日はとにかくハラハラドキドキで心臓に悪かったが最後勝ててホッとした。

まず、予想してたチャンネルでフィギュアスケートしてて大いに焦ったが、観ることできてホント幸せでした。

試合中大騒ぎしてたので、近所迷惑だったろうなぁ。。。ま、苦情来なかったけど。

14年のW杯には免疫ができてるってことで。(笑)


実は、日韓戦の時からインフルエンザにかかった病身の私にはさすがに疲労困憊な試合でした。
(そんなになるまで応援する自分が悪い???)

それでも、これでストレス発散ができたようで、今朝は熱も下がり、頭痛も治まりました!

あのつらさが嘘のようです!!

私からうつった息子も金曜日夜中寝汗をかきまくった(パジャマ3回交換)おかげで、咳と鼻水はまだあるけど、すっかり元気回復。(夜中の看病は病身の母にはつらかったが。。。)

試合を一緒に観戦。憧れのホンダの活躍に目を輝かしてましたぁ。
(母の観戦姿をちょっと怖がってもいたけど。。。)

一緒に「NIPPON」コールしてくれたね。

これを機に、彼がサッカーすることに興味持ったら、母はとっても嬉しいのだが。

やっぱり5歳になったら、地元サッカーチームFCIpsachバンビーノ(笑)に入団させるか?


最後にもう一度言いたい。

優勝おめでとう!
Posted by cu-v | comments(2) -

2歳の誕生日

東スイス地方のSargansに今週末は行きました。

土曜日は近所に新しくできた、アウトレットショッピングセンター「Alprhein」という所に行きました。

いや、本当スイスにしては安かった!

日本への旅行でお金ないにもかかわらず、3月のバーゼルメッセ用にワンピースを4分の1の値段で買いました!!

今回はそれだけしか戦利品はなかったけど、次回は計画的に買い物したいと思いました。


 私のPatent Childが2歳になりました。

あっという間に2歳。

女の子はおませで、次女だから更に要領も良く賢いなぁと思ってみていました。

そして、息子が2歳の頃をとっくの昔のことように感じてしまいました。


遠いので年に3回会えれば良い位の、駄目Goettinなので、私になれてくれるまでいつも時間がかかるんですよ。そして、なれる頃にお別れと言うパターン。

なので、今回は一泊させてもらいました。


さて、誕生日、もう一人のGoettiは1週間前息子が誕生したばかりだったので、今回はゲストは私ひとりだけとなりました。

なのに、前夜友達と夜中2時まで語りあったため、大寝坊!

バタバタとランチが始まり、まだ2歳なので、落ち着いておらず、ケーキを食べずにお昼寝に入って。

彼女も疲れていたようで、2時間も眠り続け、最後は無理やり起こされて不機嫌に。

でも、自分の誕生ケーキを大いに喜んで、一生懸命ロウソクの火を消そうとする姿がとても愛おしかったです。

両親からは何故かPlantoyの消防署セットとLegoのバスセットという男の子向けのプレゼント。

もう一人のGoettiからはキティちゃんのlaufveloが届けられ、

そして私はだるま落としを贈りました。

だるま落とし、かなり気に入ってもらえた様子。上手にできるまでは時間がかかりそうだけどね。

いつも息子とはボクシングや相撲ごっことか体をやたら使わされたり、車や電車遊びで「ブーブー、シュシュポポ」とかの擬音語で遊ぶことに慣れている私。

2人の女の子と作り話をしながら、大人しく人形ごっこをしたりという「大人しい子供遊び」を長時間するのは、正直苦痛でした。

それに、ちゃんと話を聞いてないと、指摘されるのは困りものです。。。


結局、帰りの電車を1時間遅らせたけれど、あっという間のお別れ。

でも、チューリッヒでの乗換え電車を間違って、Bern経由Geneve空港行きに乗ったため、間違い乗車で7CHFの差額を払わされました。しかも、Bernでは乗り換え時間がたったの2分で、電車1本乗り遅れ、更に30分遅れて帰宅。。。

行きも乗り換えにたったの3分で切符が買えず、車内点検で罰金10CHF(去年より値上がったよね)取られたし。

行きも帰りも乗換え時間が短すぎて、いつも駅構内を走っていた気がします。。。


ちょっと旅程で問題ありでしたけど、自分のPatent childの誕生を祝えたことに感謝したいと思います。

これからの1年も彼女が健康で幸せでありますように。

今度はイースターのときに再会かな。
Posted by cu-v | comments(2) -
S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< August 2017 >>
RECENT ENTRIES
RECENT COMMENTS
ARCHIVES
RECOMMEND
PROFILE
LINKS
OTHERS